明静院(みょうじょういん) - [五智・国府エリア]

明静院(みょうじょういん)

明静院は天平年間(729〜49)に行基が国分寺の奥の院として開山したのが始まりとされます。
ここは出雲の大国主命と越の奴奈川姫が結婚生活をし、建御名 方命(諏訪大神)が生まれたという伝説の場所でもあります。
当寺院の大日如来坐像は行基が彫ったといわれており、国の重要文化財に指定されています。上杉謙信が亡くなった際、寺内に一時埋葬されたといわれており、上杉謙信公のお墓があります。

住所: 新潟県上越市五智国分2111
電話: 025-543-9800